これが豆苗栽培にお勧めの容器です。

豆苗 おすすめ

部屋に緑のある生活には憧れがあります。癒されるだろうな、と思います。
しかし、私はエアープランツも枯らしてしまうくらいに、グリーンを生かすことができないです。

グリーンを長持ちさせることは諦めて、でも癒しがほしいような時に、おすすめなのが「豆苗」。
これも、コツをつかむまではヘナヘナにさせてしまったり、なんだか水の臭いが気になったり、といったことがありましたが、豆苗の栽培に便利なこの容器を使い始めてから、豆苗の栽培がとっても快適になりました。

こちらです。セリアで購入しました。

カトレケース スリムL型 (株)ヒマラヤ化学工業所 

豆苗のパッケージ袋に書かれている点線部分を切り取り、下部分はつけたままこの容器をカバーとして使っています。

この容器のポイントは
・豆苗にジャストフィット。豆苗がおける場所にすんなり置くことができます。
・パッケージのごちゃごちゃや黒い種が見えることなく見た目がすっきりキレイ。
・持ち手が付いているので移動に便利。私は台所においているので、持ち上げて下を拭くことが簡単。
・水交換の時に持ち手部分の穴から水を捨てられて、微調整しやすい。


・豆苗のパッケージ袋のみだと水を入れるときにあふれないか心配だけど、カバーがあるので気楽に入れられる。
・豆苗のパッケージ袋のみだと破れてしまうことがあるけど、カバーしているので破れても安心。
・これに替えてから朝夕の水交換が楽になり、交換頻度が上がります。そのため水の臭いが気にならなくなった。豆苗も長生きしている気がします。
・パッケージの線に合わせて切り取ると、種の上の方まで水に浸からせるのが難しいけど、このカバーを使用することで、種の上の方ぎりぎりまで水に浸すことができる。これも長生きポイントのように感じます。

おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました